2013年09月29日

「三保ケ関部屋が千秋楽で幕閉じる 力士らは春日野部屋へ」:イザ!


大相撲の横綱北の湖や大関北天佑らを生んだ伝統の三保ケ関部屋が秋場所千秋楽の29日、幕を閉じた。
三保ケ関親方(元大関2代目増位山)が九州場所中の11月16日に65歳の定年を迎え、後継者もいないことから今場所限りの消滅は既に決まっていた。
ロシア出身の幕内阿覧ら力士8人、待乳山親方(元小結播竜山)や行司らは同じ出羽海一門の春日野部屋へ移籍予定。
10月3日の日本相撲協会理事会で決定する。
父で先代師匠(元大関初代増位山)から昭和59年11月に部屋を引き継いだ三保ケ関親方は「寂しいの一言。
やり切ったという達成感よりも、無事に終えられた安堵感の方が大きい」と述べた。


関連ニュース

「白鵬14勝、日馬は10勝止まり 殊勲賞・豪栄道11勝 秋場所」:イザ!
「秋場所、7度の「満員御礼」 初場所と夏場所上回る」:イザ!
「鋭い末脚発揮のキズナ、海外でも存在感 競馬・仏ニエル賞」:イザ!

グラフィックデザイン
posted by しーず at 22:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月28日

「「一家だんらん」から「分散」へ…家族のカタチを変えたテレビの歴史」:イザ!


【ニッポンの分岐点】テレビ放送(4)
テレビが家庭に本格的に普及してから約半世紀。
長らくお茶の間に鎮座したテレビは、一家だんらんの中心となってきた。
家庭と社会とをつないできた“魔法の箱”をめぐる歴史は、家族の変遷を伝える「日本文化史」の側面がある。
テレビは家族の絆を強めたのか、壊したのか。
■核家族の「普通」
「テレビ登場前も、ラジオを聞きながら家族そろって食事することはあった。
ただ、昔は厳しい家が多かったから、あくまで食事中は黙っていた。
テレビの普及に合わせて、番組を見ながら食事し談笑するような『一家だんらん』のイメージが広がった」
「岸辺のアルバム」「ふぞろいの林檎(りんご)たち」などのテレビドラマを手がけてきた脚本家の山田太一(79)は、そう述懐する。
昭和40年代からドラマ制作に携わってきた山田は、テレビを通じて「家族」の実像を最も熱心に追求してきた作家の一人だ。
テレビは34年の皇太子殿下ご成婚や、39年の東京五輪を機に急速に普及。
NHK放送文化研究所(文研)の意識調査では「テレビが家庭のだんらんに役立っている」との回答が50年には59%に達し、6年前の44年から11ポイントも上昇した。


関連ニュース

「人気ドラマ「半沢直樹」に菅長官、「3回見た、痛快だった」」:イザ!
「鋭い末脚発揮のキズナ、海外でも存在感 競馬・仏ニエル賞」:イザ!
「「一家だんらん」から「分散」へ…家族のカタチを変えたテレビの歴史」:イザ!

トレーニング シェイプアップ
posted by しーず at 20:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月27日

「鋭い末脚発揮のキズナ、海外でも存在感 競馬・仏ニエル賞」:イザ!


日本ダービー馬が初挑戦の海外でも存在を示した。
キズナが持ち味の末脚を発揮してニエル賞を制覇。
武豊騎手は「思っていたよりも反応が良かった。
(凱旋門賞が)楽しみになった」と目尻を下げた。
佐々木調教師によると、この日の競馬場入り後は、おとなしい様子で敗戦も覚悟していたという。
英国ダービー馬や地元フランスの強豪フリントシャーを抑えての勝利に佐々木調教師は「あらためてすごい馬。
本番(凱旋門賞)でもさらに良いパフォーマンスをお見せしたい」と自信をちらつかせていた。
(共同)

関連ニュース

「法医学ドラマに新ヒロイン! 松下奈緒が“変人”演じる」:イザ!
「オルフェーヴル、圧巻の走りで2連覇 競馬・仏フォワ賞」:イザ!
「日本人騎手は“駆逐”される? JRA規制緩和で海外超一流ジョッキー流入」:イザ!

アルバイトの求人サイト
posted by しーず at 18:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。