2013年03月31日

「尾崎豊伝説 “起点”は大阪にあった 「デビュー30周年コンサート」」:イザ!


「I
LOVE
YOU」などの名曲で知られ、平成4年、26歳で夭折した伝説のロックシンガー、尾崎豊さん。
デビューから30年の節目を迎える今年4月、コンサート「集まれOZAKI」が開かれる。
槇原敬之さんやコブクロの黒田俊介さんら尾崎さんを慕う有名アーティストが参加するファン待望のコンサートだが、開催するのは、大阪での1回のみ。
そこには、「伝説の“OZAKI”を生んだのは大阪だった」という関係者たちの熱い思いがあった。
(安田奈緒美)■「反抗」から「愛」などテーマ広がる
尾崎さんは昭和58年、青山学院高等部3年生の時にアルバム「十七歳の地図」でデビュー。
大人や社会への反抗を歌い、若者の代弁者としてカリスマ的な人気を集めた。
尾崎さんがデビューした80年代初めは、全国の中学校などで窓ガラスが割られるなど、「校内暴力」が問題となった時期。
尾崎さんの歌にも〈夜の校舎
窓ガラス壊してまわった〉(「卒業」)と歌われ、若者の心をとらえただけでなく、芸能の枠を超えて広く注目を集めた。
20代になると愛を歌うなどテーマが広がり「I
LOVE
YOU」や「太陽の破片」などのヒット曲を次々と発表した。
テレビメディアには全くといっていいほど出演せず、音楽活動はレコーディングとライブに集約。
ステージ上で激しくシャウトし舞台を駆け巡るライブパフォーマンスが伝説となっている。


関連ニュース

「三浦翔平、映画「カノ嘘」でバンドデビュー!?」:イザ!
「【シネクラブ】「スカイラブ」監督・脚本・主演 ジュリー・デルピー」:イザ!
「BEGIN新曲「春にゴンドラ」 離島の子供たちの宿命を歌う」:イザ!

オークションサイト比較一覧
posted by しーず at 04:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月30日

「【Room’s】すごろくや 笑顔広がり会話も弾む現代ボードゲーム」:イザ!


クリスマスやお正月、家族や友人たちとゲームに興じる機会も増える季節がやってきた。
家庭用コンピューターゲームが人気だが、最近は、みんなでわいわい楽しめるボードゲーム(盤上ゲーム)やカードゲームが注目を集めている。
どんなゲームがいいかと迷ったら専門店「すごろくや」(東京都杉並区)へ。
世界各国400種類以上のゲームがそろっている。
■ドイツを源流に進化
「すごろくや」は、2006年春にオープンした。
代表の丸田康司さんはテレビゲームの開発に携わっていたが、そこでアナログのボードゲームに出会ったという。
「人員整理で退社することになったとき、ゲーム本来の面白さを持つボードゲームの魅力を伝える店を作ろうと始めました。
まずは魅力を知ってもらって、それから販売につながればと思ったんです」と話す。
1980年代までは、日本でも家族で机を囲み、人生ゲームやトランプを楽しむことが多かった。
しかし、コンピューターゲームに押しやられ、徐々に人気を失っていった。
そんな中に登場したのが、丸田さんが扱う現代ボードゲームだ。
「現代ボードゲームはドイツが源流で、『人生ゲーム』などの定番とは別の流れです。
80年代半ばから進化してきました。
95年の『カタンの開拓者』のヒットをきっかけに、日本語版もたくさん発売されるようになったんです」と説明する。


関連ニュース

「BEGIN新曲「春にゴンドラ」 離島の子供たちの宿命を歌う」:イザ!
「ウィーン・フィルの首席フルート奏者、ウォルフガング・シュルツ氏が死去」:イザ!
「【サウンドボックス】7!!(セブンウップス) 演奏の楽しさ 沖縄から世界へ」:イザ!

レンタルサーバ一覧比較
posted by しーず at 02:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月29日

好調 「男のうそ」三山ひろし…切ない女心前向きに


 昭和歌謡の世界観を歌い継ぐ三山ひろし=写真=が好調だ。昨年11月に出したシングル「男のうそ」(クラウン)はオリコンの演歌・歌謡ランキングで初登場1位を記録。2009年のデビュー以来、初の快挙を成し遂げた。
 〈愛するあなたの そばにいて 夢さえ見れたら それでいい〉と切ない女心をつづる。けれど、曲調はリズミカルで、三山の声もからりと晴れた空のよう。「僕の歌は前向きな女性が描かれています。陰にこもるタイプじゃなくて、『それでもいいのよ』という前向きなタイプが描かれているんです」
 悲喜こもごも、複雑な感情を伝えてこその演歌だ。「歌手になる前はうまく歌うことばかり考えていました。今は詞をよく読み、解釈して、歌の裏の表情をつかもうとしています。この歌詞も男のうそで泣いている、だけではないと思う」
 2月にアルバム「歌い継ぐ!昭和の流行歌4」(同)も出した。祖父母と往年の流行歌を聴いて育ったため、力の入るシリーズだ。渥美清の「男はつらいよ」、昨年末に死去した岡本敦郎の「高原列車は行く」、遺族に指導を受けたという三波春夫の長編歌謡浪曲などを収める。
(2013年3月14日
読売新聞)


関連ニュース

「銀行持ち株会社イオンフィナンシャルサービス 香港などで銀行業参入へ」:イザ!
「銀行持ち株会社イオンフィナンシャルサービス 香港などで銀行業参入へ」:イザ!

R・スチュワートが約12年ぶりオリジナル・アルバム「タイム」


PING送信一覧
posted by しーず at 02:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。